海外工場紹介

難素材の縫製技術

特殊な技術と知識が必要な難素材縫製

縫製をする上で特殊な技術と知識が必要な生地の素材があります。一般的に難素材と言われている生地です。難素材は縫製が難しく、大量生産、生産時間、品質の統一などに生産効率を下げない対応しなければいけません。難素材には、「伸縮性がある生地」「8~15デニールの薄い生地」「厚い生地」「レース等、重みで垂れる生地」があります。

難素材の種類

それぞれの海外工場の強みを活かし難素材に対応

湯峰ソーイングの海外工場は、それぞれ異なった強みを持っています。工場によって得意な難素材の縫製技術があり、受注時にお客様のオーダーに最もお応えできる工場を選びます。難素材に対応する海外工場拠点を持っていることは湯峰ソーイングが選ばれる大きな理由になっています。

難素材に対応する海外工場

難素材に対応する技術開発

難素材に対応する海外工場を作るためには、難素材を縫い上げる技術が必要です。湯峰ソーイングでは、難素材の縫製技術の開発は、各海外工場に設置している企画部が全ての対応を担当しています。デザイナーの意図通りに縫い上げる縫製方法を開発し技術を現場に指導します。この企画部の中心になるスタッフは、縫製の全てを知り尽くしたこの道30年以上のベテランで、海外工場においても経験豊かな日本人スタッフが開発・指導にあたっています。

ベテランスタッフによる技術指導

難素材縫製の流れ

難素材縫製の流れ